2013年03月19日

不動産金利

不動産の金利と借り換えのポイント
市場の物件というのはほんとにいろいろあり
土地の相場に対して価格が安いもの高いものもある
今回は相場の約2分の1の価格である

その理由は様々でよくあるパターンは借地権だけ
借地権は土地は地主で家屋は自己所有の内容で
この日記は珍しいケースのパターンを紹介します
借地権ではなく土地の3分の1のみが別の所有者で
建て替える時の問題があるので価格は安め

しかし意外な問題がローンを提携する銀行が少ないこと
なぜ少ないかそれは建て替え時にポイントになる。

建て替える前と後では資産の価値として同じもしくは
それ以上の価値があって初めて銀行は融資をしてくれると実感し
それと同時に不動産の買い方の知識も身についた

土地が3分の1他者が所有しているということは
3分の2は自己で所有しているが
その土地全てに建物が建っているので
権限は両者いあるだから解体もできず

解体し立て直ししても建物の規模が
3分の2になるというなんとも聞いただけだと
面倒くさい物件という印象を受ける

そんな印象も受けるので銀行は融資じずらいので
結果金利の高いところから融資いてもらい購入しました。

その金利が高いこともあり
いろいろの後に動かないといけなくなり
融資の為の行動と知識も身に付きました。
posted by 8万ぐらいの収入が5箇所あれば・・・ at 01:17| 東京 ☀| Comment(1) | 不動産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。

ランキングから参りました!

さまざまな副業がありますね!

役立つ情報ありがとうございます
Posted by hiro at 2013年03月28日 16:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。