2010年09月06日

文京区の空の写真 いろんな物に見える雲


今日の空の写真、帰り道に雲の模様が夏の雲と違い流れる流動的な雲を見たので
帰ったらすぐに屋上に上がり空と雲の写真を撮らないと思い急ぎ足で帰宅。

オートロックの扉を開き階段を回りながら屋上の扉を開くとなんと今まで見たことのない立体感と遠近感のある空の色と雲と夕焼けと町コントラストと影

P1010450.JPG

それは一瞬爆発の瞬間の様な紅い空、恐いとも思ったのと綺麗と思ったのと自然の綺麗な空と雲の景色を見るとある種、脳の思考がとまるとはまさにこの屋上の扉開けた瞬間や。

そしてゆっくり雲を観ると妙に立体感あるから、なんか巨人が大きな手を振ってるようにもみえるし
または大きな翼にもみえたり鳥にも見えるな〜今日の空はかなり楽しめた。

夏から秋は空模様が複雑で楽しいそんな空の景色の一枚の写真やったわ。
posted by 8万ぐらいの収入が5箇所あれば・・・ at 00:08| 東京 ☀| Comment(0) | 空の景色 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。